消費者金融プロミス審査とお得な借り方を解説!

カードローンには消費者金融や銀行が提供するものがあります。
クレジットカードのカードキャッシングもほぼ同じものになります。

今回は消費者金融のカードローンが銀行カードローンやクレジットカードキャッシングよりもおすすめな理由を解説します。

大きく分けて6個の理由が挙げられます。

①即日審査・即日融資
やはりプロミスやアコムなどの消費者金融は他の金融会社に比べ、審査の即時性は高いです。
過去に取引の無い顧客でも申込から審査、そして融資実行まで最短で30分から1時間のところがほとんどです。
これは消費者金融の審査能力の高さをもってしてなせる業(ワザ)なのです。
自動与信システムを早くから導入したこの業界の強みになっています。ちなみに一番早く導入したのはプロミスです。

②自由な返済システム
消費者金融の利息は利用日数の日割り計算分しか掛かりません。
ですのでユーザーは余裕があれば早く返済でき、余計な利息を払わなくて済みます
逆にクレジットカードのキャッシングでは、返済は月に一度、決められた日になるので余分な利息を払うことになるのです。

③バレにくい(秘匿性が高い)
銀行やクレジットカード会社と違って顧客への「配慮」が消費者金融は格段に上です。
最近では「郵送物なし」のサービスも出ています。
いくら会社名では送りませんと言っても、逆によく分からない怪しい郵便物が自宅に届く方が嫌な人もいるくらいです。
「家族バレ・親ばれ」が気になる方々には嬉しいサービスです。
また会社(勤務先)への在籍確認の電話連絡もできれば避けたいという人もいるでしょう。
「個人名で電話しますから大丈夫です」と言われても、嫌なものはイヤという声もあります。
そういう場合はプロミスなどを利用すると良いかもしれません。
電話での在籍確認ではなく、書面(最近の給与明細や保険証)で済む可能性があります
詳しくは当サイトの下記URLのページをご覧ください。
こちらです↓
http://hoylakecommunitycentre.org/?p=1527

④Web完結や自動契約機の導入
直接対面せずに審査を受けられることも申込者の「心の負担・精神的負担」を軽くしています。
こうした審査が可能になったのもやはり消費者金融の与信能力の高さを物語っています。
ネット申込や無人契約機の導入は経費削減に寄与し、次に述べる金利の低下にも役立っています。

⑤低金利化
改正貸金業法の完全施行により出資法と利息制限法の上限金利が20%に統一されたことが大きいです。
これにより、銀行カードローンとも遜色ない金利の低さとなっています。
銀行カードローンが15%程度、消費者金融の金利は約18%ですから、あまり差はありません。
むしろ消費者金融の無利息期間を考慮すれば、こちらの方がお得になるケースもあります。
またクレジットカードと比較してもクレカの年会費などを考えると、やはり消費者金融のカードローンがお得です。
ちなみに消費者金融の金利は「複利計算」ではなく「単利計算」です。

⑥便利なサービス体制
消費者金融の営業時間は長く、自動契約機やATMも夜遅くまで利用可能です。
プロミスで言えば、自動契約機は22時まで、ATMは24時まで利用可能です。
またプロミスだけは24時間振込みサービスをおこなっています。
ジャパンネット銀行か三井住友銀行の口座があれば、24時間、何時でも、深夜でも現金を振り込んでもらえます。

以上が消費者金融のカードローンがお得な理由6つでした。
近年は提携している銀行やコンビニでもATMが使えて、利用回数が増えているユーザーが増加しています。
というは、銀行ATMからお金を引き出すのと同じで、1回あたり3万円以下で出金(借り入れ)する人が圧倒的に多いのです。

借金というと、なぜか何十万円とかの大金を借り入れするイメージが勝手にあるみたいですが、実際は違います。
多くの人々は一度に1万円とか2万円程度のお金をこまめに細かく借りているというのが実態なのです。

まさにそれが賢くカードローンを利用する方法でもあります。

◆カードローン審査通過率を融資担当者に教えてもらった

ここからはある消費者金融の元社員のAさんにお話を伺う機会をいただきましたので、その時のインタビュー内容を掲載します。
この方はキャッシング審査の担当者だった人ですので、かなり濃い内部情報も教えてもらいました。
あなたが今後、カードローンの審査を申込む際に、ぜひ参考にしてください。

ちなみにAさんが実際に金融会社で働いていたのは改正貸金業法が施行される前後でした。
ですので、上限金利引き下げや総量規制の導入について、その影響などもよく知っているということです。

早速ですが、カードローン審査ではどれくらいの割合で審査に合格し、不合格になるのでしょうか?
元審査担当者だったAさんの話によると、100人の申込に対して65%が審査に合格していた、ということでした。
つまり35%は審査落ち(審査謝絶)となっていたそうです。

この35%の内、10%程度はJICCやCICの個人信用情報機関のデータで否決されてしまうというパターン。
残りの25%は年齢制限や最終的な支店長判断によって審査落ちになるケースだったみたいです。

なお、貸金業法改正後はさらに審査落ちの割合は増えていったとされています。
なぜなら総量規制の悪影響で貸したくても貸せない人が増加したからだとAさんは言っていました。

通常なら審査に通る人が借りられなくなって、どうしたかというと銀行カードローンを利用するようになりました
銀行のカードローンは総量規制の対象外ですので他社借入件数が多いのは良くありませんが、審査に通る可能性はあります。
ただし、金融事故歴(異動情報)はNGとなりやすいので、注意が必要です。

Aさんよると法改正前は一人当たりの平均貸出金額も45万円くらいあったものが、法改正後は30万円程度に下がったそうです。
更には現在ではおそらく15万円から20万円くらいではないか、と話していました。

この話を聞いて、やはり審査に間違いなく合格したいということであれば、出来る限り融資希望額は低めで申込した方がいいですね。
Aさんいわく、小口の融資であれば消費者金融もリスクを取りやすいので与信枠を10万円程度で審査申込するのがオススメ、とのこと。
参考にしてください。
1935800_135576463501653_7744833166417837486_n
◆昔、内緒で借りたサラ金の借金を家族に隠して再び借入できる?

は、独身時代のかなり前に消費者金融のキャッシングを利用して延滞を繰り返し、自身がブラックリストだという方のご相談です。

最近、結婚し子供も生まれ、生活費の補填のため借り入れを検討しているとのことです。

ですがお嫁さんに、過去の金融事故のことを秘密にしているらしく、自分では借りることができないかもしれない、ということを告白できずに悩んでいるそうなのです。

事故情報(正確には異動情報と呼ぶ)はどれくらいで消えるのか、ご相談メールをいただきました。

また、ご自身は新たにキャッシング(カードローン)契約ができるのか知りたいということですので、アドバイスをして差し上げました。

まず、最初に助言したのは、本当の事情を説明して、奥さんに借り入れしてもらうのはどうか、ということです。

専業主婦ですと消費者金融のキャッシングは借り入れ不可ですが、銀行カードローンであればご主人の同意があれば借り入れは可能です。

奥さんがパートなどで一定の収入があるのであれば、審査も厳しくない消費者金融のキャッシングでも構わないと思います。

ただし、どうしても「嫁さんにはバレたくない、内緒にしておきたい」ということであれば、ご自分で借りるしかありせんので下記を参考にしてください。

次に、ご本人(ご主人)が借り入れをするケースでは、まず、JICC、CIC、KSCの3つの信用情報機関で自分の個人信用情報を開示してみるといいでしょう。

そうすれば現状を正確に把握できます。

ちなみに延滞だけですと、期間が短ければ事故情報にもなっていないケースがあります

信用情報センターへ登録するのは金融会社自身ですので、「これは悪質ではない」と判断されていれば、事故情報には掲載されないことも多々あるのです。

これは、あまり知られていない情報かもしれません。

ですので、過度に返済の遅れを気にして「自分はもうブラックだ」と思い込んでいる人が世の中には多いのですが、実際には何でもなかったという人は大勢います。

ちなみに消費者金融の事故情報はあなたが完済していれば、1年も経過すれば消えることがほとんどです。

また、この返済(完済)を家族などがおこなった場合、代位弁済という履歴が残り、これもプラス評価に転じることがあります。

さらには銀行系の信用情報機関であるKSCですが、銀行系はあまり事故情報を軽々に掲載しない、という噂があるのですが、今回、管理人が調査したところ、その噂は本当のようです。

ですので、今回のご相談者の場合、自分の現在の信用情報を把握することが大切ですが、意外と問題なく借り入れできる可能性があると思います。

しかも、今は結婚された既婚者ですから、消費者金融のキャッシング審査ではプラス評価になります。

銀行カードローンも同様に借り入れできる可能性はあると思われます。

目的に応じて、消費者金融のキャッシングか銀行カードローンを選ばれると良いでしょう。

◆結局、現金借りるならカードローン審査はどこがいい?プロミスが一押し!

あるネットニュースで「裸ローン」というワードが目に飛び込んで来ました。

どういうことかと読み進めてみると、中国の女子大生の間でちょっとブームになっているおカネ借りる手段みたいなのですね。

内容を少しだけご紹介しておきますと、自分の裸の写真を担保にして違法業者から借り入れをするというものです。

最近はスマホなどで自撮りが流行っていますが、この裸ローンでは身分証明書を手にした上で、自分の裸の写真を撮影し、その画像を担保として差し出し、見返りとして現金を融資してもらう、というシステムのようです。

画像が担保になり得るのか、という疑問がありますが、要するにリベンジポルノみたいなもので、返済をしなかったり、長期で延滞したら裸の写真(画像)をネット上にばら撒くぞ、という暗黙の了解というか脅しがあるのは明白です。

たいていの女子大生は、親に泣き付いて返済をすることになるようですが・・・。

他国のこととは言え、違法行為ですので皆さん、ご注意を!

さて、本題に戻ります。

もし、あなたが現金借り入れするなら、どこのカードローンがいいでしょうか?

まず、審査を重視した観点からおすすめを考えてみましょう。

キャッシング審査を受けるとすれば、当然ですが、「スピードが速く」「審査は厳しくない方がいい」というのは誰でも当たり前のことです。

となると、やはり消費者金融をお勧めすることになります。

特に、銀行系の消費者金融なら安心ですね。

具体的には三井住友銀行系の「プロミス」か三菱東京UFJ銀行系の「アコム」の2つがいいでしょう。

では、このTOP2のどちらがいいのか?ということですが、管理人はプロミスを一押しします。

どうしてかと言うと、審査申し込みが「簡単だから」です。

プロミスは最近、「カンタン入力」申込みというサービスを開始しています。

これまでの数多くあった入力項目を「約半分」に減らし、ラクラクで申し込み申請できるようになっています。

要するに「面倒くさくない審査になった」というわけです。

ですので、プロミスをお勧めしているわけですね。

一方、金利を重視する人もいるかと思います。

そういう方はやはり、銀行カードローンを申し込むことを希望されるケースが目立ちます。

銀行カードローンでは、やはり三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」がオススメです。

最近、金利はさらに低くなり1.8%~となっています。

もちろん、この低金利は400万円とか高額を借り入れする人に限られますけどね。

それから最後に、プロミスなどでも銀行のカードローンより金利が低くなるケースがあります。

それは30日間無利息というサービスがあるからです。

しかもプロミスの無利息期間はお得です。アコムなどは審査に通ってカードローン契約を締結した時点から30日間の無利息期間であるのに対し、プロミスでは実際に借り入れした日から30日の無利息期間がスタートするのです。

ですから無駄なく「無利息期間」のメリットを受けることが可能なわけですね。

キャッシング初心者の人には意外かもしれませんが、先にカードだけ発行してもらって、本当にお金が必要になった時にカード使い、プロミスATMから借入をすればOKなのです。

従いまして、この無利息期間サービスを利用して短期間で返済することができる人は、間違いなくプロミス等の消費者金融がオススメであることは間違いありませんので、お伝えしておきます。

ご参考までに。

0000
【最新情報】カンタン入力で面倒な申し込みがラクラクになりました!これまでの半分の時間で審査申込が完了します。

プロミスなら土・日・祝日もお申込OK・即日融資可能です。三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座がある人なら24時間振込OKの「瞬フリ」があります。だから何時でも現金を手にすることができます!「いつでも」「どこでも」「何度でも」必要な時に、必要な金額だけ借入OK!最低1万円から融資してもらえます。【最短1時間で融資も可能】
こんな方にお勧め!!

  • WEB完結でカード発行なし!郵送物なし!家族に秘密にしたい方
  • 24時間融資OK!深夜でも土日でも急いで融資を受けたい人
  • フリーター・主婦の人もOK(ご本人に安定した収入がある場合はお申込みOK)



一押し記事一覧