主婦がカードローンで借入する理由と上手に使う方法

先日、カードローンを利用経験のある主婦の方々と
お話させていただく機会がありました。

さまざまな理由から借り入れをする女性たちの話は
いろいろと勉強になりました。

その中で特に管理人が焦点を絞ってお聞きした内容は

・カードローン(キャッシング)を利用した理由
・あなたが多重債務者にならない理由

この2点を重点的に教えてもらいました。

カードローンに頼った理由としては、

・旦那(主人)に相談できない
・家族、兄弟には頼れない
・友人、知人に迷惑をかけたくない
・友達を失いたくない、減らしたくない
・自分が病弱で働けないから
・自分のやりくりが悪いから

という理由が多数でした。

カードローンで借り入れをした理由は、当然、
「生活費に困ったから」なのですが、具体的に
何の支払いに使ったのかを聞いてみました。

多かった回答内容を書き出しておきますと、

・家賃の支払いのため
・医療費など突然の出費
・携帯電話料金など通信費
・子供の給食代など教育費
・子供の夏期講習など教育費
・子供の塾や習い事
・子供の部活のユニフォーム代その他
・食費

などでした。
やはり母親なので「子供のため」の借金も多いです。

また総量規制後、銀行カードローンを利用する
ようになった主婦の方は、クレジットカードの
キャッシングを利用して、毎月きちんと返済し
滞納など一度もなかったにもかかわらず、借入が
できなくなったので、総量規制対象外の銀行の
カードローンを利用するようになった、と言って
いました。

なお、金融業界の調査データによると改正貸金業法
の完全施行後に消費者金融やクレジットカードの
キャッシングが利用できなくなった人は500万人
超えると言われています。

この500万の中には多数の健全なキャッシング利用者がいます。
ですから総量規制対象外の銀行カードローンを
活用する主婦が増加中
なのですね。

ここまで主婦の方々が借り入れをする理由について
書いてきました。それではこの人たちが多重債務に
なっていない理由について聞きました。

答えは非常にシンプルなものです。
それは「一時的に小額を借りて、すぐに返済する
という法則を絶対に守る、ということです。

このルールを厳守していれば絶対に多重債務者には
ならない
ということを皆さん分かっておられるよう
でした。

主婦で借入を検討中の貴女、ご参考までに。
◆おすすめ銀行カードローン
じぶん銀行カードローン|三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行カードローン お試し診断



一押し記事一覧